スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ ブログランキング
参加しております。よろしかったら是非是非ぽちっとお願いしますv
ランカヤン島-[MAS]へ行く【Dive-No:133】
16, Sep, '09

【FAN ROCK,Lankayan IS.,Malaysia
 
【BOAT DIVE】【GUIDE:MIKE】
【WEATHER】 Fine  【TEMP】 -℃  【WATER TEMP】30.8℃
【CONDITION OF SEA】Calm
【ENTRY】11:37→【EXIT】12:30  【DIVE TIME】53min 
【PRESSURE】[Start]220 [End] 100
【DEPTH OF WATER】[Max]20.4m 【VISIBILITY】[透明度]10~15m [透視度] -m
【TANK】Aluminum 10L Long-type 【WEIGHT】2kg
【DIVE SHOP】Lankayan Island Dive Resort

もう完全にポイントも行きつくし。
飽き飽き状態。
最初にあれほど興奮したレオパードシャークさえ・・・人間って現金ですよね( ̄Д ̄;;

とりあえず、クマノミメインで撮ってみました・・・何で?

Lankayan133_01.jpg
撮影機種:E-520
使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

ストロボ:OLYMPUS UFL-2

隠れているつもりだろうけどォ。

Lankayan133_02.jpg
撮影機種:E-520
使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

ストロボ:OLYMPUS UFL-2

しっぽでてますよーーー(*´∇`*)

Lankayan133_03.jpg

Lankayan133_04.jpg

Lankayan133_05.jpg
撮影機種:E-520
使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

ストロボ:OLYMPUS UFL-2

フフ。
こんなにクマノミばかりを撮ったのは久しぶりですよぅ(-。-;)

Lankayan133_06.jpg
撮影機種:E-520
使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

ストロボ:OLYMPUS UFL-2

キミもありがとうvv
一生忘れないよ、キミのそのでかさ・・・・。

Lankayan133_07.jpg
撮影機種:E-520
使用レンズ:ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye

ストロボ:OLYMPUS UFL-2

初・マレーシア式合宿ダイビングはこれにて終了です。
おかげさまで、この後わたくし激しく痩せまして、
無事セミドライスーツを着る苦行から解放されました次第です(*´∇`*)

しかも、このダイビング旅行があったおかげで、
パラオにまで到達できたと言っても過言ではないのです。
ランカヤン島恐るべし。

常にカレントに逆らい泳ぐあのスタイル。
半端ないっす。
あれに慣れると、ふつーのファンダイビング
そよ風に吹かれつつ・・・な感じです。

おまけにそんな中、デジイチで撮影している訳ですから
違う意味でのスキル(と筋肉)がつきました。
うん。
だから写真はあまり上達してないの・・・・。



ささ、来週からは日本に戻ってGoですね。


*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*==*
【 素朴な疑問 】
*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

私が写真に興味を持ち始めたのは、
今から20年以上前のこと。

ニコンF3を姉から譲り受けたのがきっかけでございます。
その後、適当に撮り続け。

その間、心霊写真みたいなものを撮ったコトは一度しか(実は一度ある)
ありません。←断言

ちなみにデジカメになってからはさっぱりなしのつぶてです。

でー、思うのは。
水中写真しこたま撮ってるけど、
やっぱり、心霊写真ってないなーーーってコトです。

も・ち・ろ・ん!

霊の存在を信じている訳ではないので、まぁ興味本位な感想です。

実際に見たモノしか信じない、ある意味迷惑な性格をしている1号。

陸上写真で起こるオーブだって、あれ塵や埃がストロボで反射している
だけの話じゃーないですか。

あるのかな、水中で心霊写真。


【蛇 足】

ちなみに一度撮った心霊写真らしきものは、
沖縄県の、あの、万座毛で撮ったもので。
人物の背景(岩)のくぼみに顔らしきものが
無数に写ってました。

これを心霊写真らしきものと判ずる理由としては、
同時刻、同場所でその次の写真を撮った時、
同じアングルから撮影したのにもかかわらず
そうした顔らしき物体は写っていなかったからなのです。

まず1号が実姉を撮影→次に姉が私を撮影、と。
同じ位置で同じように撮られました。

これニコンF3だったんで、オートとかなく。

私が設定した通りに姉はシャッターを押しただけのこと。

ね、不思議でしょう。

もっと不思議なのは、その写真が今は存在しないということでしょう。
現実的に考えれば紛失し。

ちょっといっちゃってる系で考えると
忽然と消えてしまったということになるのでしょう。

うん、うん。

あぁ、あれもう一回見たかったな。
あれ?ネガはうちにあるんぢゃねー( ̄Д ̄;;
(それはそれで怖い。ビビリな現実主義者なもんで・・・・)

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ ブログランキング
参加しております。よろしかったら是非是非ぽちっとお願いしますv

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://nanashino1.blog59.fc2.com/tb.php/422-6ef97e76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。